ポール・ルノールム

フランスの医師、植物学者

ポール・ルノールム(Paul Reneaulme、ラテン名:Pavli Renealmi、1560年 - 1624年)はフランスの医師、植物学者である。1611年の著書『植物図誌』("Specimen historiæ plantarum. Plantæ typis æneis expressæ") で知られる。

ブロワで生まれた。植物収集のために、パリ周辺やスイス、イタリアを旅した。ギリシャ語がまじったラテン語で書かれた、1611年の『植物図誌』は、150ページの文章と25の図版からなるものである。エッチング技法による図版は高い出来栄えであったが、小型の「オクタヴォ判」(八つ折り判)の紙質の悪いことで、評判になることはなかった[1]

医師として1606年に薬剤に関する著書を出版するが、その内容がパリの薬剤師から訴えられ、著作することをやめた。

ショウガ科の属名、 レネアルミア属(Renealmia)などはルノールムにちなんでいる。

著作編集

  • Ex curationibus observationes quibus videre ets (sic) morbos tuto cito et jucunde posse debellari si præcipue Galenicis præceptis chymica remedia veniant subsidio, Paris, apud Adrianum Beys, 1606.
  • Specimen historiæ plantarum. Plantæ typis æneis expressæ, Paris, Hadrianus Beys, 1611.
  • La Vertu de la fontaine de Médicis, près de Saint-Denys-les-Blois, Blois, 1618.

参考文献編集

  1. ^ 『植物図譜の歴史』、ウィルフリッド・ブラント(著)、森村謙一(訳)八坂書房(2014年)ISBN 9784896941722

(Wilfrid Blunt, The Art of Botanical Illustration : An Illustrated History, Dover Publications, 1994.)