メインメニューを開く

マイケル・ルースMichael Ruse1940年6月21日 - )はイギリス生まれの科学哲学者、特に生物哲学を専門とする。創造論進化生物学の論争に関する研究でよく知られている。

彼はイギリスのバーミンガムで生まれ、ブリストル大学で学士(1962年)、マクマスター大学で修士(1964年)、ブリストル大学で博士号を取得した(1970)。35年間カナダゲルフ大学で教え、ゲルフ大学を定年退職した後はフロリダ州立大学で哲学を教えている。1986年にカナダ王立協会とアメリカのAAASの会員に選ばれた。ベルゲン大学、ニューブルンスウィック大学などから名誉博士号を受けている。

ルースは1981年に起きた創造科学を公立学校で教えることを許可したアーカンソー州法に対する裁判の、原告側の著名な証人の一人であった。連邦裁判官は創造科学を理科教育で教えることを合衆国憲法に反していると判決した。ルースはリチャード・ドーキンスやフィリップ・ジョンソンとは異なり、宗教と進化の理論を両立させることは可能だという立場を取っている。彼はインテリジェント・デザインの著名な支持者ウィリアム・デムスキーとたびたび議論を行っている。

ルースは学術誌Biology and Philosophyを創刊し、多くの本や記事を執筆している。

主要な業績編集

邦訳書編集

  • 『ダーウィンとデザイン -進化に目的はあるのか?』佐倉統、土明文、矢島壮平訳 共立出版 2008年

英語編集

外部リンク編集