メインメニューを開く

マイナー文学(マイナーぶんがく、:littérature mineure)とは、ジル・ドゥルーズフェリックス・ガタリが1975年刊行の共著『カフカ—マイナー文学のために』で提示した概念。

少数民族が、自民族の言語ではなく英語フランス語などの広く使用されている言語によって書く文学のこと。