マシュリク

アラブ世界の東部

マシュリクアラビア語: ٱلْمَشْرِق‎ Mashriq)は、アラビア語の「日が昇るところ」を原義とし、「東方」を意味する語。マグリブ(西方)に対して東方を指し、普通には概ねエジプト以東のアラブ諸国(東アラブ)のことであるが、その地理範囲は一定ではない。

マシュリクの地図.

古くはアッバース朝の都バグダードを中心とみて、イランの東部と中央アジアを指したこともあった。イスラム世界の中心から離れたマグリブの人々にとっては、マシュリクとは東方の聖地マッカ(メッカ)や学問の中心カイロの方面を指して漠然と呼ぶのに使われた地理概念であった。今日ではシリア地方イラクを指す言葉として用いられることが多いが、マグリブの地理概念に比べるとマシュリクのそれは曖昧であり、地域内の経済的・政治的繋がりもマグリブ諸国ほど緊密であるとはいえない。

交通編集

 
マシュリク国際道路網の地図

交通に関して以下の地域連携プロジェクトがある。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集