マスケット (競走馬)

競走馬

マスケットMusket1867年 - 1885年)は1880年代にニュージーランドで供用されていた種牡馬オセアニアの歴史的名馬、Carbineの父として知られる。

マスケット
Musket (GB).jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1867年
死没 1885年10月
Toxophilite
West Australian mare
生国 イギリス
生産 Lord Glascow
馬主 George Payne
競走成績
生涯成績 14戦9勝
テンプレートを表示

1867年イギリスで生まれる。馬名はマスケット銃に由来しており、祖父Longbow、父Toxophilite、仔Carbineに連なる軍事関連の命名である(Carbineの産駒に爆弾ピストルもいる)。生産者であるグラスゴー卿は、生産馬のうち牡馬のほとんどと、牝馬であっても気に入らなければ射殺するという変わった性格の持ち主で、マスケットも殺されるところを彼の死によって免れたという。

競走馬としてのエピソードなどは残されていないが、アスコットステークスやフライングダッチマンハンデキャップ、クインアレクサンドラステークスなど14戦9勝、スタミナに優れた馬であった。

競走馬引退後に種牡馬となり、おおよそ6年間イギリスで供用された。とはいえ一流の成績でもなく、父が喉鳴り持ちだったこともあって人気は出なかった。馬を売るなという遺言のため危うく処分されるところだったが、ニュージーランドから使いたいという要望が出たため、1878年に99年のリースという形で輸出された。イギリスに残された産駒のなかでは、Petronel(1880年2000ギニー、1881年ドンカスターカップ)がその後に活躍している。

ニュージーランドでも最初はおもに半血馬の生産に使われていたが、1883年にMartini Henryがヴィクトリアダービーメルボルンカップに優勝した。その後もNordenfeldtやCarbineを出し、種牡馬として成功していく。1885/1886、1888/1889、1890/1891の3シーズンはオーストラリアの首位種牡馬となった。

産駒のなかではCarbine、Trentonがとくに種牡馬として成功した。直系の子孫は1990年代に消滅したが、Carbineがイギリスに残したSpearmintを通じて、後世のサラブレッドにもかなりの影響を残している。

主要産駒編集

血統表編集

マスケット血統タッチストン系 / Touchstone4×4=12.5% Camel5×5.4=6.25% 3号族 (血統表の出典)

Toxophilite (GB)
1855 鹿毛
父の父
Longbow (GB)
1849 鹿毛
Thuriel Touchstone
Verbena
Miss Bowe Catton
Orville Mare
父の母
Legerdemain (GB)
1846 鹿毛
Pantaloon Castrel
Idalia
Decoy Filho da Puta
Finesse

West Australian Mare (GB)
1857 鹿毛
West Australian (GB)
1850 鹿毛
Melbourne Humphrey Clinker
Cervantes Mare
Mowerina Touchstone
Emma
母の母
Brown Bess (GB)
1844 青鹿毛
Camel Whalebone
Selim Mare
Brutandorf Mare Brutandorf
Gohanna Mare


外部リンク編集