マックス・プランク数学研究所

マックス・プランク数学研究所ドイツ語: Max-Planck-Institut für Mathematik)はマックス・プランク協会の研究所。常勤職員は少なく、世界中の数学者が訪問者として研究を行っている。

ボン旧市街のマックス・プランク研究所

概要編集

ボンの共同研究センター(Sonderforschungsbereich)の理論数学部門を前身としてフリードリッヒ・ヒルツェブルフにより創立された。以前はボイエル地区にあったが、1999年にミュンスタープラッツに移転した。[1]

主な研究分野編集

  • 代数幾何学
  • 数論
  • 数論幾何学および保型形式
  • 代数群および算術部分群
  • 表現論
  • 複素解析
  • 代数トポロジー
  • 偏微分方程式
  • 数理物理学

歴代所長編集

  1. フリードリッヒ・ヒルツェブルフ
  2. ギュンター・ハーダー
  3. ユーリ・マニン

脚注編集

外部リンク編集