メインメニューを開く
マックス・ペヒシュタイン
1915年のベルリンの自宅で
1910年の作品

マックス・ペヒシュタイン(Hermann Max Pechstein、1881年12月31日 - 1955年6月29日)はドイツの画家である。ドイツ表現主義のグループ「ブリュッケ」の主要なメンバーであった。

略歴編集

ザクセンのツヴィッカウで生まれた。父親は繊維工場の職人であった[1]。1896年からツヴィッカウの装飾画家の見習いをした後、1900年から実業学校で学び、1903年から1906年の間、ドレスデンの美術学校で、表現主義、アール・デコの画家、オットー・グスマンに学んだ。エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナーエーリッヒ・ヘッケルに出会い、1906年に「ブリュッケ」に加わった。ブリュッケのメンバーは建築などを学んだメンバーが主で、絵画の教育をうけていたのはペヒシュタインだけであった。1907年にザクセン州の賞を受けて、イタリアを旅し、その後、パリも訪れた。

1908年にベルリン分離派のメンバーとなるが、1910年に分離派から分裂した「新分離派」を結成し、会長となった。1911年末に会長の再選に失敗し「ブリュッケ」のメンバーは「新分離派」からも離れ、グループ展だけに参加することになった。1912年にペヒシュタインは「分離派」の展覧会に出展したため、「ブリュッケ」から除名された。第一次世界大戦までは、バルト海沿岸や南太平洋でも絵を描いた。

1923年にベルリンのプロイセン芸術アカデミーの会員に選ばれ、教授に任じられた。ナチスの台頭によって1933年にペヒシュタインの作品は「退廃芸術」に指定され、美術アカデミーの教授の座も追われた。1937年に美術アカデミーの会員からも除名され、作品は没収された。第二次世界大戦で多くの作品は失われた。1945年のナチス崩壊後、ソビエト軍のために働き、芸術アカデミーの教授職に復職した。

脚注編集

  1. ^ Max Pechstein | Chronology”. Pechstein.de. 2014年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月12日閲覧。

参考文献編集

  • Jörn Barfod: Nidden. Künstlerkolonie auf der Kurischen Nehrung. edition fischerhuder kunstbuch, Fischerhude 2008, ISBN 978-3-88132-254-6.
  • Eva Chrambach: Pechstein, Hermann Max. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 20, Duncker & Humblot, Berlin 2001, ISBN 3-428-00201-6, S. 154–156 (Digitalisat).
  • Siegfried Gliewe: Auf dem Garder See. Begegnung mit Max Pechstein. In: Pommern. Zeitschrift für Kultur und Geschichte. Jg. 45, Heft 4, 2007, ISSN 0032-4167, S. 24–30.
  • Horst Jähner: Künstlergruppe Brücke. Geschichte einer Gemeinschaft und das Lebenswerk ihrer Repräsentanten. 5., verb. und erg. Aufl. Henschel, Berlin 1996, ISBN 3-89487-254-3.
  • Wolfgang Maier-Preusker: Hermann Max Pechstein. 1881–1955. Lithographische Erinnerungen von 1919 an die Italien- und Südseereise aus dem Bestand der Maecenas-Sammlung. Eigenverlag, Wien 2004, ISBN 3-900208-17-4 (Begleitkatalog zur Ausstellung in der Hansestadt Wismar).
  • Wolfgang Maier-Preusker (Hrsg.): Buch- und Mappenwerke mit Grafik des Deutschen Expressionismus. Eigenverlag, Wien 2006, ISBN 3-900208-37-9 (Begleitkatalog zur Ausstellung in der Hansestadt Wismar 2006).
  • Magdalena M. Moeller (Hrsg.): Max Pechstein. Sein malerisches Werk. Hirmer, München 1996, ISBN 3-7774-7070-8.
  • Magdalena M. Moeller (Hrsg.): Die großen Expressionisten. DuMont, Köln 2000, ISBN 3-7701-5348-0.
  • Magdalena M. Moeller: Künstlergruppe Brücke. Prestel, München u. a. 2005, ISBN 3-7913-3306-2.
  • Bernard S. Myers: Malerei des Expressionismus. Eine Generation im Aufbruch. Aus dem Amerikanischen übers. von Elke Kaspar. DuMont Schauberg, Köln 1957.
  • Max Pechstein: Erinnerungen. Herausgegeben von L. Reidemeister. Limes, Wiesbaden 1960.
  • Christian Saehrendt: „Die Brücke“ zwischen Staatskunst und Verfemung. Expressionistische Kunst als Politikum in der Weimarer Republik, im „Dritten Reich“ und im Kalten Krieg. Steiner, Stuttgart 2005, ISBN 3-515-08614-5 (Pallas Athene. Bd. 13).
  • Aya Soika: Max Pechstein. Das Werkverzeichnis der Ölgemälde: Das Werkverzeichnis der Ölgemälde, Bd. 1: von 1905 bis 1918, Bd 2: von 1919 bis 1954. Hirmer München 2011, ISBN 978-3-7774-3091-1
  • Paul Vogt: Geschichte der deutschen Malerei im 20. Jahrhundert. 3., erw. Aufl. DuMont, Köln 1989, ISBN 3-7701-0892-2.