メインメニューを開く

マッテオ神父の事件簿』(原題:Don Matteo)は、イタリアのテレビドラマシリーズ。一話完結もので、2000年から2018年現在までに11シーズン245話が放送されている。このページでは日本のミステリチャンネルで放送されたシーズン7と8について記載する。

目次

あらすじ編集

イタリアの街グッビオに住むマッテオ神父は、親友のチェッキーニ准尉と協力しながら様々な事件を解決する。

登場人物編集

主人公編集

マッテオ神父
演:テレンス・ヒル

軍警察(カラビニエリ)編集

アントニオ・“ニーノ”・チェッキーニ准尉
演:ニーノ・フラッシカ
マッテオ神父の親友。のちにジュリオの義父になる。
ジュリオ・トンマージ大尉
演:シモーネ・モンテドーロ
グッピオの軍警察の隊長。チェッキーニ准尉の娘であるパトリツィアと交際している。
セヴェリーノ
チェッキーニ准尉の甥。常に職場で准尉からビンタされている。
アンドレア・コンティ
検事。

司祭館編集

ナターリエ
司祭館の世話係。
ピッポ(フランチェスコ・スカーリ)
司祭館の聖具係。
アゴスティーノ
マッテオ神父の養子の少年。
ラウラ
司祭館に身を寄せる若い女性。エステルを出産する。
エステル
ラウラの娘。

その他編集

カテリーナ
チェッキーニ大尉の妻。
パトリツィア
チェッキーニ大尉の長女。弁護士を目指し、バルセロナの大学に通っていた。トンマージ大尉と交際している。
アッズンティーナ
チェッキーニ大尉の次女。
アマンダ
トンマージ大尉の前の恋人。
シスター・マリア
マッテオ神父の友人。

エピソード編集

ここでは日本で放送されたシーズン7からシーズン8のエピソードを記載する[1]

シーズン7編集

#サブタイトル原題
1開かなかったパラシュートL'Ultimo salto
2大人への階段Il Mestiere di Crescere
3クマの爪痕Orma d'orso
4記憶喪失の娘La Ragazza Senza Nome
5過ぎた遊びNon e Uno Scherzo
6素数Numeri Primi
7修道院の秘め事Dietro le Mura del Convento
8最愛のパパCaro Papa
9真の名誉Questione d'onore
10“30”の呪いMai dire trenta
11指輪L'anello
12座れる雄牛(シッティング・ブル)と暴れ馬Chi ha ucciso Toro Seduto?
13それぞれのゴールMete ambiziose
14守るべきものL'anniversario
15あなたとダンスをBalla con me
16迫る時Corsa contro il tempo
17復讐の行方La cattiva strada
18愛を求めてAmabile chiacchierata
19完璧主義Perfetta
20愛のタンゴTango
21願いをかなえてPerche Non lo diciamo a papa ?
22心の闇Sai chi viene a cena ?
23誠実さとはUna margherita per Natalina
24代償の真価Ad ogni costo

シーズン8編集

#サブタイトル原題
1残されたカメオEra mia figlia
2レイブパーティーRave Party
3愛の証しProva d'amore
4心を開いてL'uomo che sapeva volare
5帰郷Il ritorno
6イギリスから来た世話係Tre nipoti e una tata
7巡礼の心Severino innamorato
8仮装パーティーの夜にUn'altra vita
9恋人たちの決意Sposami
10だましの代償Tiro mancino
11舅(シュウト)には従うべしIl suocero ha sempre ragione
12グッビオの大罪I segreti di Gubbio
13人生の選択Scelta di vita
14ジェネレーションYGenerazione Y
15夢の舞台でIl giorno piu bello
16奇跡の子La bambina del miracolo
17予期せぬ再会Vecchie amiche
18親の資格Il bambino conteso
19疑心と信頼L'ombra del sospetto
20美しさに焦がれてIndagine su una figlia
21不自由な愛L'amore non basta
22すれ違う思いTradimenti
23失って気付くものTutto e perduto
24愛は永遠Don Matteo sotto accusa

脚注編集

関連ページ編集