メインメニューを開く

マヌエル・ディアス・ジュニオル(Manuel Dias Jr. マヌエル・ディアシュ・ジュニオル1574年 - 1659年3月4日)は、ポルトガルイエズス会修道士。末の中国で宣教活動を行った。

中国名は陽瑪諾(Yáng Mǎnuò)。同姓同名の中国宣教師(中国名は李瑪諾、1560-1640)との区別のために「Junior」がつけられる。名は「Emmanuel」とも呼ばれる。姓はスペイン語風に「Diaz」と書かれることもある。

目次

略歴編集

(Leitão (2008) pp.99-103 による)

ディアスはカステロ・ブランコに生まれ、1593年にイエズス会に入会した。コインブラ大学で哲学を学んだ後、1601年ゴアにわたった。1604年または1605年マカオに着き、6年間そこで哲学と神学を教えた。1610年1611年にガスパル・フェレイラとともに韶州に向かったが、当時韶州の人々は宣教師に敵対的であったため、南雄に新しい伝道所を築いた。

1613年には北京にあった。1616年にマカオに戻ったところで沈㴶(しんかく)のキリスト教排撃がはじまったため、マカオから出られなくなった。1621年に再び北京に到った。その後中国各地で布教した。1623年にジョアン・ダ・ロシャが死亡すると、その後をついで中国準管区長に就任した。1659年杭州で没した。

主な著作編集

『天問略』(1615年)は天文学に関する問答で、附録にガリレオ・ガリレイ望遠鏡を使ってさまざまな新発見をしたことを記す[1]。李之藻の叢書『天学初函』に収める。

『(天主降生)聖経直解』(1636年、14巻)は福音書の文句とその注釈である。日曜ごとの説教のときに読みあげるためのものという[2]

『軽世金書』(1640年?、4巻)は『キリストに倣いて』の中国語訳[3]

『唐景教碑頌正詮』(1644年、1巻)は大秦景教流行中国碑の解説書[4]

脚注編集

  1. ^ 天問略, The Ricci Institute Library Online Catalog, http://riccilibrary.usfca.edu/view.aspx?catalogID=10940 
  2. ^ 聖經直解, The Ricci Institute Library Online Catalog, http://riccilibrary.usfca.edu/view.aspx?catalogID=15539 
  3. ^ Leitão (2008) p.102
  4. ^ 唐景教碑頌正詮, The Ricci Institute Library Online Catalog, http://riccilibrary.usfca.edu/view.aspx?catalogID=5306 

参考文献編集

  • Leitão, Henrique (2008). “The Contents and Context of Manuel Dias' Tianwenlüe”. In Luis Saraiva; Catherine Jami. The Jesuits, the Padroado and East Asian Science (1552-1773). World Scientific. pp. 99-121. ISBN 9812771263. 

外部リンク編集