ラーナー (称号)

マハーラーナーから転送)

ラーナーサンスクリット語: राणा; ウルドゥー語رانا、Rana)は、ラージプートの君主の称号の一つ[1]。主にメーワール王国の君主がこの称号を用い、彼らはラーナーマハーラーナーを名乗った。

概要編集

ラーナーの称号はインドではラージプートの君主として使われ、とくにメーワール王国の王号として有名である[2]。 ラーナーの称号はメーワール以外でも、アリー・ラージプルポールバンダルバガートバーガルゴーハドなどの諸国でも使用された。

また、ネパール王国の宰相家たるラナ家の家名はラーナーの称号に因むものである。これはジャンガ・バハドゥル・クンワルが1846年の王宮大虐殺事件ののち、1848年に王家からラナ姓を賜り、クンワル姓から改称したことによる。また、クンワル家は北インドから移住してきた家系で、さかのぼればメーワール王国を出自に持つと自称していた。

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ Seesodia, Jessrajsingh (1915). The Rajputs: A Fighting Race. East and West, ltd. p. 41. https://archive.org/stream/rajputsfightingr00jessrich#page/n95/mode/2up 
  2. ^ Bhattarai, Krishna (2009). Nepal. Infobase Publishing. p. 42. ISBN 9781438105239. http://books.google.com.pk/books?id=-aArqOqBGBQC&lpg=PA42&dq=rana%20dynasty%20nepal%20rajput&pg=PA42#v=onepage&q&f=false 

参考文献編集

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』明石書店、2003年。 

外部リンク編集