マリア・フォン・エスターライヒ (ユーリヒ=クレーフェ=ベルク公妃)

マリア・フォン・エスターライヒ(Maria von Österreich, 1531年5月15日 - 1581年12月11日)は、ユーリヒ=クレーフェ=ベルク公ヴィルヘルム5世の2度目の妃。

マリア・フォン・エスターライヒ
Maria von Österreich
Jakob Seisenegger 004.jpg
マリアと長女マリア・エレオノーレ

称号 ユーリヒ=クレーフェ=ベルク公
出生 (1531-05-15) 1531年5月15日
Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国プラハ
死去 (1581-12-11) 1581年12月11日(50歳没)
ユーリヒ=クレーフェ=ベルク連合公国、ニーダーツィアー、ハンバッハ城
埋葬 ユーリヒ=クレーフェ=ベルク連合公国クレーヴェ、参事会教会
配偶者 ユーリヒ=クレーフェ=ベルク公ヴィルヘルム5世
子女 マリア・エレオノーレ
アンナ
マグダレーネ
カール・フリードリヒ
エリーザベト
ジビュレ
ヨハン・ヴィルヘルム
家名 ハプスブルク家
父親 神聖ローマ皇帝フェルディナント1世
母親 アンナ・ヤギエロ
テンプレートを表示

神聖ローマ皇帝フェルディナント1世と皇后アンナの第5子として生まれた。1546年7月18日、ヴィルヘルムと結婚、7子をもうけた。