マリオ・ヌッツィ

マリオ・ヌッツィ、通称マリオ・デ・フィオーリ(Mario Nuzzi、通称: Mario de' Fiori、1603年1月19日 - 1673年11月14日)はイタリアの画家である。花を描くのを得意とし、「マリオ・デ・フィオーリ(花のマリオ)」と呼ばれた。

マリオ・ヌッツィ
Mario Nuzzi
Nuzzi-autorretrato con flores.jpg
花を描く自画像 (1640)
生誕1603年1月19日
イタリア、ローマ
死没1673年11月14日
イタリア、ローマ

略歴編集

ローマで生まれた。父親はイタリア中部、ペンナ・イン・テヴェリーナの地主で、母親は静物画や風俗画を得意とした画家、トンマーゾ・サリーニ(Tommaso Salini: 1575–1625)の妹だった[1][2]。1618年に家族と父親のペンナ・イン・テヴェリーナの邸に移り、自然の中で育ち、園芸を楽しみ、花の絵を描いて楽しんだ。17歳になった時、ローマの叔父の工房の弟子になった[3]。当時のローマは、カラヴァッジオの絵画のスタイルが高い人気を保っていて、叔父もカラヴァッジオの影響を受け、またカラヴァッジオと軋轢のあった画家であった[2]

1625年に叔父が死去した後、叔父の工房と顧客を引き継ぎ、1628年にイギリス出身の女性と結婚した。美術収集家のカッシアーノ・ダル・ポッツォ[3]やバルベリーニ家などの有力な顧客からの支援を受けるようになった。この頃フランドルの画家、特にダニエル・セーヘルスの静物画の影響を見せるようになった。

1657年にアカデミア・ディ・サン・ルカのメンバーになった。1658年からはキージ枢機卿の宮殿の装飾画を描いた。ラウリ(Filippo Lauri)、マラッティ(Carlo Maratti)、 ブランディ(Giacinto Brandi)、メイ(Bernardino Mei)といった画家が人物を描き、ヌッツィは花を描いた。

弟子にはベルナスコーニ(Laura Bernasconi)、ベッティーニ(Domenico Bettini)、ビンビ(Bartolomeo Bimbi)らがいる。

作品編集

花瓶と玉葱

参考文献編集

  1. ^ Giuseppe Bartocci, "Della patria del pittore Mario Nuzzi", in Atti e memorie della Deputazione di storia patria per le Marche, 1961.
  2. ^ a b Laura Bartoni "Le vie degli artisti: residenze e botteghe nella Roma barocca dai registri di Sant'Andrea della Fratte (1650-1699)", Nuova cultura, Roma, 2013
  3. ^ a b Francesco Solinas, Flora Romana. Fiori e cultura nell'arte di Mario de' Fiori (exhibition catalog), Roma 2010

関連文献編集

  • Laura Laureati, Mario Nuzzi detto Mario de' Fiori, in La Natura morta in Italia, 2 volumi, Milano 1989 (II vol).
  • Emilio Lucci, Mario Nuzzi detto Mario de' Fiori. Un pittore di origini umbre a Roma, in Studi di storia dell'arte, 2004, n. 15, pp. 275–288.
  • Gianluca Bocchi - Ulisse Bocchi, Mario Nuzzi detto Mario de' Fiori in Pittori di natura morta a Roma. Artisti italiani 1630-1750, Viadana 2004, pp. 76–82.