マリヤ・スターリツカヤ

マリヤ・スターリツカヤまたはマリヤ・ウラジーミロヴナロシア語:Мария Старицкая, 1560年頃 - 1610年5月13日)は、モスクワ・ロシアツァーリイヴァン4世の従弟であるスターリツァ公ウラジーミルの娘、母は公女エウドキヤ・オドエフスカヤ。モスクワのリューリク朝最後の直系子孫。

マリヤ・スターリツカヤ
Мария Старицкая
リヴォニア王妃
Marie Staritsa.JPG
在位 1570年 - 1577年

出生 1560年
Flag of Russia.svg ロシア・ツァーリ国スターリツァ
死去 1610年5月13日
Flag of Russia.svg ロシア・ツァーリ国ノヴォデヴィチ女子修道院
埋葬 Flag of Russia.svg ロシア・ツァーリ国至聖三者聖セルギイ大修道院
配偶者 リヴォニア王マグヌス
子女 マリー
ユードクシア
家名 リューリク家
父親 スターリツァ公ウラジーミル
母親 エウドキヤ・オドエフスカヤ
テンプレートを表示

生涯編集

幼いころに両親はイヴァン4世によって処刑されており、兄弟姉妹も亡くなってスターリツァ公家の唯一の生き残りとなっていた。1574年4月12日、イヴァン4世がリヴォニア戦争の戦略の一環として傀儡に立てたリヴォニア王マグヌスデンマーククリスチャン3世の王子)とノヴゴロドで結婚した。夫の死後、敵に囲まれて窮地にあったマリヤは、イングランド人使節ジェローム・ホーセイによってクールラントから救出されて、モスクワの摂政ボリス・ゴドゥノフの許に連れ戻された。ホーセイは彼女との結婚を望んだか、ボリスはイングランド人で騎士身分に過ぎないホーセイに、これを許さなかった。その後、マリヤは至聖三者聖セルギイ大修道院の近くにある女子修道院に入った。1609年にマリヤはツァーリを僭称する偽ドミトリー2世の支持者となったらしい。

夫との間に2人の娘をもうけたが、いずれも早くに亡くなった。

  • マリー(1580年頃 - 1597年頃)
  • ユードクシア(1581年頃 - 1588年頃)
 
頭蓋骨を元に復元されたマリヤ・ウラジーミロヴナの容貌

外部リンク編集