マルザン・シャラブ

マルザン・シャラブ(Marzan Sharav、1869年-1939年モンゴル語: Марзан Шарав)はモンゴル画家。マルザンとは『ひねくれ者』の意味である。

『モンゴルの一日』と『馬乳酒の祭り』といった作品で知られ、モンゴルにおける近代絵画の先駆けとして評価されている[1]

出典編集

  1. ^ “[http://kokoro.mn/mongolia-culture/7.html モンゴル文化・ 生活]”. モンゴルツアー・モンゴル旅行. 2010年10月2日閲覧。