メインメニューを開く

マンガノパンペリー石

鉱物

マンガノパンペリー石(マンガノパンペリーせき、Pumpellyite-(Mn2+))は、1981年に発表された新鉱物で、国立科学博物館鉱物学者加藤昭などにより、山梨県の落合マンガン鉱山から発見された[1]化学組成はCa2Mn2+Al2(Si2O7)(SiO4)(OH)2・H2Oで、単斜晶系パンペリー石英語版グループに属し、2価のマンガンを含む。

脚注編集

  1. ^ Kato, A. et al. (1981): Pumpellyite-(Mn2+) from the Ochiai Mine, Yamanashi Prefecture, Japan. Bull. Mineral., 104, 396-399.

関連項目編集

外部リンク編集