マントープ・パーク

マントープ・パーク(Mantorp Park)は、スウェーデンのマントープにあるモーターレースサーキット。サーキットは1969年にBPスウェーデンからの資金提供により、常設の道路コースとドラッグストリップとして建設された。 Mantorp Parkは4つの異なるレイアウトが可能だが、現在のところ(1.950 km / 1.212マイル)および長い(3.125 km / 1.942マイル)トラックが使用されている。

マントープ・パーク
概要
コース設計者 {{{設計者}}}
{{{レイアウト2}}}
テンプレートを表示

1971年から1973年まで、そして1981年と1982年にもヨーロッパフォーミュラ2選手権に使用され、今日では、主にクラブイベント、ドラッグレーシング、ドライビングスクール、スウェーデンフォーミュラ3選手権とスウェーデンツーリングカー選手権等で使用されている。

マントープ・パークは、2008年7月にNHRAが採用した新しい301.75 mドラッグストリップ(約3/16マイル、つまり1,000フィート)フォーマットを採用した最初のヨーロッパのドラッグレースサーキットだった。

外部リンク編集