マンフロットTha Manfrotto Group )は、イタリアの写真機器メーカーである。三脚を中心とし、カメラバッグ、照明、フィルター、スマートフォン用品などを扱う。1960年代末にイタリア人のフォトリポーター、リノ・マンフロット(Lino Manfrotto )によって創業された。彼自らの体験をもとに作り出された、使いやすく安定性のあるスタジオ用品はプロの間で評判となり、自らのブランドによる製品ラインアップを作ることとなった。カメラ用三脚の製造は、1974年に開始。 現在、ラインナップは業務用の大型三脚から携帯用の小型三脚まで、またスチル用、ビデオ用、照明用などと幅広い。パノラマ撮影用に決まった角度でカメラを回転させることができる雲台も製造している。

マンフロット
Manfrotto
ロゴ
種類 合資会社
本社所在地 イタリア
ヴィチェンツァ州のカッソーラ
設立 1972年
業種 写真機器メーカー
代表者 マルコペッツァーナ
外部リンク https://www.manfrotto.com/jp-ja/
テンプレートを表示

同業のジッツオとともにイギリスのヴィデンダムグループ(旧Vitecグループ)の傘下にあり、グループのイメージング&ステージング部門で中心的事業を担う。

製品編集

 
Manfrotto 190XB

三脚編集

脚リリースシステム、ラピッド開閉機構、水平・垂直センターボールシステム、業界初の3ウェイギア付き雲台、世界初の油圧システムを搭載したボール雲台、パノラマ撮影に対応したパン雲台など

  • 雲台付き三脚
  • 三脚レッグ
  • 三脚雲台
  • 一脚
  • ミニ三脚
  • アクセサリー

ビデオ三脚編集

  • 雲台付きビデオ三脚
  • ビデオ三脚レッグ
  • ビデオ雲台
  • ビデオ一脚
  • デジタルとリモコン
  • スライダーとアクセサリー

カメラバッグ編集

  • カメラバックパック
  • カメラメッセンジャー
  • カメラショルダーバッグ
  • カメラホルダーとケース
  • 三脚バッグなど
  • カメラローラーバッグ
  • レザーカメラバッグ
  • Dslrカメラバッグ
  • ドローンバッグ

照明編集

  • LEDライト
  • 照明スタンド
  • スタジオ機器
  • ライティングクランプとアーム
  • ライトコントロール

スマートフォン、アクションカメラ&ドローン編集

  • スマートフォンアクセサリー
  • アクションカメラアクセサリー
  • ドローンアクセサリー

フィルター編集

  • クイックリリースフィルターアダプター
  • フィルター

日本での製品販売編集

ヴィデンダムメディアソリューションズ株式会社
Videndum Media Solutions Spa
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地   日本
東京都港区芝公園3丁目1番38号芝公園三丁目ビル1階
業種 卸売業・小売業
法人番号 9010401062431
代表者 代表取締役社長 稲葉明央
外部リンク https://www.manfrotto.com/jp-ja/about-videndum/
特記事項:旧社名はボーゲンイメージング株式会社→マンフロット株式会社→ヴァイテックイメージング株式会社。2022年7月に現社名へ変更。
テンプレートを表示

日本では1980年代にLPLが「ベネチア」というブランドで販売していたことがある。近年は神戸の本庄が代理店であったが同社は写真・映像分野から撤退し、2006年6月以降はVitecグループ傘下の日本法人であるボーゲンイメージングが代理店となっている[1]

その後、同社は2010年1月1日に社名をマンフロット株式会社と変更した後[2]、2018年4月1日にヴァイテックイメージング株式会社(英:Vitec Imaging Distribution KK)へと変更した[3]。また、これに先立ちこれまでハクバ写真産業が代理店だったLoweproとJOBYの両ブランドも2018年2月1日より同社が代理店になっている。

その後、ヴァイテックがヴィデンダムになったのに伴い、2022年7月に社名を「ヴィデンダムメディアソリューションズ株式会社(英:Videndum Media Solutions Spa)」と社名変更した[4]

マンフロット製品の愛好家編集

写真家 ヘルムート・ニュートンや、ナショナルジオグラフィック写真家など。

出典編集

関連リンク編集

外部リンク編集