メインメニューを開く

マーシャン・エドワード・ホフ・ジュニア: Marcian Edward Hoff Jr.1937年10月28日 - )は、マイクロプロセッサ発明者の1人。通称はテッド・ホフTed Hoff)。

目次

業績編集

1968年インテルの12人目の従業員として雇われ、集積回路による汎用プロセッサという着想をもたらした1人とされている。それが、1970年代初頭のマイクロプロセッサの誕生へと繋がっていった。一般に1971年のマイクロプロセッサ発明時の1人とされる。1980年、最初のインテルフェロー(同社の技術系の最高の地位)となった。1983年まで、その地位に留まった。

人物編集

アメリカ合衆国ニューヨーク州ロチェスター生まれ。1958年、レンセラー工科大学電気工学学士号を取得。大学在学中の夏休み中にロチェスターにある General Railway Signal Corp. で働いているとき、最初の2つの特許を取得した。その後、アメリカ国立科学財団の奨学金を得てスタンフォード大学に進学し、修士号(1959年)と博士号(1962年)を取得した。博士論文の研究の一環で、教授の Bernard Widrow と共にLMSフィルタを発明した。1982年IEEEフェロー選出。

主な受賞歴編集

外部リンク編集