マーゾ・ディ・バンコ

マーゾ・ディ・バンコ(Maso di Banco、? - 1348年)はルネサンス初期のイタリア画家フィレンツェで活動した。ジョットの弟子で、影響を強く受けている。

マーゾ・ディ・バンコ『シルウェステル1世の人生(ドラゴンを退治した聖シルウェステル)』フィレンツェ、サンタ・クローチェ教会

バンコの私審判(人が死んでから個別に受ける審判)を扱ったフレスコ画は、フィレンツェサンタ・クローチェ聖堂礼拝堂にあるバルディ家霊廟にある。そこにはイエス・キリストの前で自分たちの魂のことを尋ねる家族が描かれている。

外部リンク編集