ミグリトール(Miglitol)は、複雑な炭水化物グルコースに分解するのを阻害する経口血糖降下薬である。2型糖尿病の患者で、炭水化物の消化を妨げることによる血糖コントロールのために用いられる[1]

ミグリトール
Structural diagram of miglitol.
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Glyset
Drugs.com monograph
MedlinePlus a601079
ライセンス US FDA:リンク
胎児危険度分類
法的規制
投与方法 Oral
薬物動態データ
生物学的利用能Dose-dependent
血漿タンパク結合Negligible (<4.0%)
代謝Nil
半減期2 hours
排泄Renal (95%)
識別
CAS番号
72432-03-2 チェック
ATCコード A10BF02 (WHO)
PubChem CID: 441314
DrugBank DB00491 チェック
ChemSpider 390074 チェック
UNII 0V5436JAQW チェック
KEGG D00625  チェック
ChEMBL CHEMBL1561 チェック
化学的データ
化学式C8H17NO5
分子量207.224 g/mol
物理的データ
密度1.458 g/cm3
融点114 °C (237 °F)
テンプレートを表示

ミグリトールや構造的に類似したイミノ糖は、α-グルコシダーゼと呼ばれるグリコシダーゼを阻害する。ミグリトールは、炭水化物の消化を阻害して作用するため、食後高血糖症の程度を下げる。主食開始時に摂取することで、最大の効果を発揮する[2]。効果は、食物中に含まれる非単糖炭水化物の量に依存する。

効能・効果編集

  • 2型糖尿病の食後過血糖の改善

副作用編集

重大な副作用として添付文書に記載されているものは、低血糖(0.1〜5%)、腸閉塞、肝機能障害、黄疸である[3]。5%以上の患者に腹部膨満、鼓腸、下痢が発生する。

薬物動態学編集

アカルボースボグリボースが体内にほとんど吸収されない一方で、ミグリトールは全身で吸収されるが代謝されずに腎臓で排出される。

関連項目編集

出典編集

  1. ^ Migliotl: MedlinePlus Drug Information”. MedlinePlus. National Institudes of Health (2010年9月1日). 2013年4月13日閲覧。
  2. ^ Glyset (miglitol) tablets label - Accessdata FDA”. Drugs@FDA. U.S. Food and Drug Administration (2012年8月). 2013年4月13日閲覧。
  3. ^ セイブル錠25mg/セイブル錠50mg/セイブル錠75mg 添付文書” (2016年10月). 2016年11月6日閲覧。