ムスチスラヴリロシア語: Мстиславль)はキエフ・ルーシ期に北東ルーシ(ウラジーミル大公国領)に存在した都市である。

ムスチスラヴリは、現ユーリエフ・ポリスキーから11km北、グザ川(ru)右岸に位置した都市であった。地誌的文献史料である『ロシア遠近の都市の一覧』[注 1]にも言及されている。

一説では、11世紀末にキエフ大公ウラジーミル・モノマフの子のムスチスラフによって建設され、1094 - 1095年にはロストフの統治下(この期間ムスチスラフはロストフ公)にあったといわれる。ただしウラジーミル・モノマフが自ら建設し、息子の名をつけた可能性もある。1212年から1216年にかけての北東ルーシ内戦(ru)の際には、1216年にムスチスラヴリの間近で、内戦最大級の会戦の1つとなった、リピツクの戦い(ru)が行われた。

ムスチスラヴリは現存しないが、最深5mの堀に囲まれた、11 - 13世紀の楕円形の都市遺構が残されている。

注釈編集

  1. ^ 「ルーシ遠近の都市の一覧」は、ロシア語: Список русских городов дальних и ближнихの直訳による。成立は14世紀末から15世紀初頭とみなされる文献であり、358の都市について述べられている。詳しくはru:Список русских городов дальних и ближнихを参照されたし。

参考文献編集

  • Мстиславль // Нерознак В. П. Названия древнерусских городов. — М.: Наука, 1983. — С. 115—116.