メアリー・ビール

メアリー・ビール(Mary Beale、結婚前の姓:クラドック(Cradock)、1633年3月26日(洗礼日)- 1699年10月8日)はイングランドの17世紀の女性画家である。肖像画家として成功し、イングランドにおける最初の女性職業画家の一人とされる。

メアリー・ビール
Mary Beale
Mary beale self portrait.JPG
自画像(1665/1670)
生誕1633年3月26日(洗礼日)
イングランド、バロー(Barrow)
死没1699年10月8日
ロンドン

略歴編集

サフォークの村、バロー(Barrow)で生まれた。父親は牧師であったが熱心なアマチュア画家であった。父親から絵を学び、ピーター・レリーロバート・ウォーカーマシュー・スネリングといった父親の知り合いの画家たちに紹介されていた。1652年に綿布商人でアマチュア画家のチャールズ・ビールと結婚した[1]

最初の子供が亡くなり、1656年に2番目の子供が生まれた年に、家族はロンドンに移り、セミ・プロフェショナルの画家として働き始め、1660年にもう一人の息子が生まれた。1665年に夫が失業し、その後、妻の助手や絵の仕事を取ってくる役割を担うことになった。1665年はロンドンでペストが大流行した年で、ビール家は親類の住むハンプシャーに移り、ハンプシャーのAllbrookにスタジオを開いて暮らした[2]

1670年にロンドンに戻り、肖像画家として成功し、有力者や芸術家のサークルに加わることになった。

多作の画家で、多くの注文を受けて描いた著名人の肖像画の他、家族や自画像も多く描いた[2]。後年は主席宮廷画家になっていた、知り合いの画家ピーター・レリーのスタイルから影響をうけるようになっていたとされる。

息子の一人は医師になり、夫と同名の息子、チャールズ・ビール(Charles Beale (II):1660-1714)は画家になった。

作品編集

参考文献編集

  1. ^ Jordi Vigueé, Grote Meesters van de Westerse Schilderkunst Schilderessen, Zuid Boekproducties, 2003, ISBN 90 5841 035 8
  2. ^ a b The Mary Beale Allbrook Farm Trust