メインメニューを開く
サンコウメヌケ(Sebastes flammeus)の剥製。国立科学博物館の展示。

メヌケ(目抜)とは硬骨魚綱スズキ目メバル科メバル属海水魚のうち、体が赤く、大型になるものの総称。体長40~60cm以上になる。水深200~1000mの深い海に生息するため、釣り上げられたとき、水圧の急激な変化により目が飛び出すことから、「目が抜け出る」という意味でメヌケの名がある。

オオサガ(コウジンメヌケ)、サンコウメヌケ(サンゴメヌケ)、バラメヌケ(バラサガ)、アラスカメヌケ(アカウオ)、アコウダイなどがメヌケ類に含まれるが、アコウダイを他のメヌケ類と区別することも多い。

人間とのかかわり編集

おいしい魚で、煮付け焼き物味噌漬け粕漬け刺身などにする。

関連項目編集