メルウェーデ運河
Merwedekanaal
Location Merwedekanaal.PNG
位置図
Haarbrug.JPG
ホルクム付近
基点: ユトレヒト基礎自治体
アムステルダム・ライン運河
終点: ホルクム基礎自治体
ボーフェン・メルウェーデ川
全長: 35 km

メルウェーデ運河Merwedekanaal)は、オランダユトレヒトホルクムを結ぶ全長35kmの運河のことである。 途中、レック川平面交差している。

概要編集

メルウェデ運河はアムステルダム東造船廠地区からホルクムまでを結ぶ運河として1881年に計画され、1892年より開削が開始された。1825年に開削された既存の水路であるKeulse Vaartの一部分を拡張してメルウェーデ運河に組み込んだ工区も存在する。また、ユトレヒトからレック川との交差部のVreeswijkまでは既存のVaartse Rijn運河を、レック川交差部からホルクムまでは既存のゼーデリック運河(Zederikkanaal)を流用している。しかし、アムステルダムからユトレヒトまでは全く新しい運河として開削された。

1931年にはメルウェーデ運河より高規格のアムステルダム・ライン運河が計画され、1952年にはアムステルダムからユトレヒトまでの区間は、アムステルダム・ライン運河の一部に組み込まれた。現在、ユトレヒトから南の部分が旧施設のまま残存しているのが、このメルウェーデ運河である。

構造・仕様編集

 
ユトレヒト付近詳細地図
  • 全長 35 km

流域の自治体・都市編集

施設等編集

ユトレヒトからホルクムに向かって、主な施設等を列挙する。

  • アムステルダム・ライン運河からユトレヒトで分岐
  • ムント閘門(Muntsluis)
  • 北閘門(Noordersluis) - アムステルダム・ライン運河との平面交差部(北側)
  • アムステルダム・ライン運河と平面交差
  • 南閘門(Zuidersluis) - アムステルダム・ライン運河との平面交差部(南側)
  • ホランセ・アイセル川がニーウェヘインで分岐する
  • 女王閘門(Koninginnensluis)- レック川との平面交差部(北側)
  • レック川とニーウェヘインの南で直角交差する
  • フィアネン大閘門(Grote sluis Vianen)- レック川との平面交差部(南側)
  • フローテ・メルウェーデ閘門(Grote Merwedesluis)- ボーフェン・メルウェーデ川との合流部

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯52度04分54秒 東経5度06分21秒 / 北緯52.081576度 東経5.105703度 / 52.081576; 5.105703