メンタルヘルス・トラスト

メンタルヘルス・トラスト(mental health trust)とは、英国イングランドにおいて精神疾患を持つ人々に対し医療・ソーシャルケアを提供するNHS配下の組織である[1]

Logo

60のメンタルヘルス・トラストが存在し、それらはクリニカル・コミッション・グループ(CCG)配下に所管されている。

通常、患者は総合診療医(GP)、または入院中の病院の紹介を受けてこれらトラストのサービスにアクセスする。サービスの多くは居住地域の市民を対象としているが、専門的サービスについては英国全土からの紹介を受け付けている。トラスト自身では入院精神医療サービスを提供はしない(一般病院の一部門である)。トラスト、地方自治体、非営利団体は相互にケアについて協業している。

サービス編集

メンタルヘルス・トラストが提供するサービスは様々であるが、多くは一対一またはグループでのカウンセリングである

  • 学習コース - ストレス・怒り・行動に対処するための学習。精神疾患に対しての援助法についても学べる。
  • 資源 - 書籍・リーフレットの提供
  • 心理療法 - 心理士による治療セッション。多くは認知行動療法。
  • 家族療法 - 家族・友人・援助のメンタルヘルス・問題サポートを提供する
  • 一般的な薬物・アルコール診療 - 物質乱用に対しての助言を提供
  • 地域メンタルヘルス・回復施設 - 地域住民に対しての回復施設の提供
  • デイケア - 精神科医・臨床心理士・メンタルヘルス・資格者による外来ケア、ピアサポート

更なる専門的治療が必要な場合、メンタルヘルス・トラストは地域福祉と協力して進める。

Mental Health Act 1983Mental Health Act 2007Mental Capacity Act 2005法により、精神疾患と診断されたため、拘留必要または意思に反して治療された人々は、診察・治療を受ける権利が保障された。メンタルヘルス・トラストは、多くはメンタルヘルス・法チームを抱えており、チームは同法に沿って患者が処遇されているか監査する責務を負う(入院患者・措置通院サービス利用者などの権利保護)。Care Quality Commission は国全体の責務を負い、地域トラストが同法に従って運営されているか、規制・監査の権限を持つ。

一覧編集

NHSイングランドでの一覧を挙げる[2]

脚注編集

関連項目編集