モロチナ川(トクマク川)(モロチナがわ、トクマクがわ、ウクライナ語: Молочна(Токмак))は、ウクライナザポリージャ州を流れる川である。

モロチナ川
水系 モロチナ川
延長 197 km
流域面積 3450 km²
水源 モロチャンシク
河口・合流先 モロチナ潟
流域 ウクライナ・ザポリージャ州
テンプレートを表示

地理編集

全長197km、流域面積3450km²、水源は同州モロチャンシク(ru)内にあり、アゾフ海に接するモロチナ潟(ru)[注 1]に流入する。

流域の市(місто)としてはモロチャンシク、トクマク(ru)、メリトポリ(ru)がある。

名称編集

中世の年代記に言及されるステニ川(ステニ川の戦い)は、モロチナ川にあたるとされている[1]。また、現在の別称として、ノガイ族によって名づけられた[2][3]、トクマクという名で呼ばれることもある。なお、モロチナとはミルクを意味し、一説には、川の周辺の牧草が、豊富な搾乳量の助力となっていたことに由来するという説がある[4]

支流編集

  • クルクラク川(ru)
  • チィンフル川(ru)
  • クロシャヌィ川(ru)
  • ユシャンルィ川(ru)
  • アラブカ川(ru)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 「潟」はロシア語: лиманの意訳による。詳しくはru:Лиманen:Liman (landform)を参照されたし。

出典編集

  1. ^ С. А. Плетнёва Половцы
  2. ^ В. И. Медведский, «Токмак: археология и история»
  3. ^ А. И. Сикалиев, «Отражение общественного строя ногайцев в героическом эпосе», Вестник АГУ, Серия 2, № 1 — 2008
  4. ^ Фоменко В. Г. — «Откуда это название?» (на украинском языке) — Днепропетровск, «Промінь», 1969.