メインメニューを開く

モーセ律法(モーセりっぽう)は、古代イスラエル宗教の建設のための法律である。この律法の機能のうち、律法は清いものと汚れたものを区別した[1]。法律が旧約聖書モーセ五書に記録された。キリスト教では、この法律の一部は司法律法のように区別されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 市川喜一『マタイによるメシア・イエスの物語』天旅出版社、2003年、214頁。ISBN 4-8354-7179-2 -- "モーセ律法は清いものと汚れたものを区別し、イスラエルの民が汚れたものに関わることなく、清いものであるように求めています。この律法の規定を実際の日常生活の中で実行するためにはどうすればよいかを、代々の律法学者たちが研究し、師から弟子に ..."

関連項目編集