ヤチェク・マルチェフスキ

ヤツェク・マルチェフスキポーランド語: Jacek Malczewski herbu Tarnawaロシア語: Яцек Мальче́вский1854年7月15日 – 1929年10月8日)は、ポーランドの画家。ポーランドにおける象徴主義画家の代表的人物である[1]

ヤツェク・マルチェフスキ
Jacek Malczewski
Malczewski Jacek Autoportret z paleta.jpg
生誕 (1854-07-15) 1854年7月15日
ラドム
死没1929年10月8日(1929-10-08)(75歳)
クラクフ
国籍ポーランドの旗 ポーランド

経歴編集

1854年7月15日、ポーランド分割の時代のロシア帝国占領下のポーランド立憲王国ラドムで貴族の家庭に生まれる。父親のジュリアンポーランド語版は愛国者であり社会活動家で、ヤクチェクに11月蜂起の影響を受けたロマン主義文学の世界を教える。叔母はポーランドで有名な神秘家ワンダ・マルチェフスカポーランド語版であった。家庭教師として自然主義文学の小説家、アドルフ・ディガシンスキ英語版に教えを受けるなど、彼の子供時代が後の作品の製作活動に大きな影響をあたえた。

1872年にクラクフクラクフ美術学校レオンピカールフランス語版ワークショップに参加。その後ウワディスワフ・ウシュチキェヴィチ英語版の講義も体験する。 1年後の1873年、校長であるヤン・マテイコ自身に才能を認められ、マルチェフスキーは、正式に学校に入学。Feliks Szynalewskポーランド語版フロリアン・ツィンク英語版に師事する。

1876年にパリへ渡り、エコール・デ・ボザールにあるアンリ・ラマンのスタジオで1年間学ぶ。その後アカデミー・シュイスでも学ぶ。

再びクラクフに戻りアカデミーの教授となった。その初期には歴史を題材にした絵画などを描いており、1890年ころから彼のミューズマリア・バル英語版等をモデルに象徴主義的な絵画にとりかかった。当時ヤング・ポーランド英語版(ポーランドの文化運動)の一人とされた。 1929年10月8日、クラクフで死去。

 
1929年頃のヤチェク

彼の生地であるラドムには、彼の名にちなんだヤツェク・マルチェフスキ博物館ドイツ語版がある。 息子ラファウ・マルチェフスキ 英語版も画家である。

作品編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ Szymalak-Bugajska, Paulina (2017年). “Jacek Malczewski – rycerz polskiej sztuki” [Jacek Malczewski - Knight of Polish Art] (ポーランド語). niezlasztuka.net. 2021年5月15日閲覧。

関連項目編集