ユリウス・カエサルの暗殺

政変

ガイウス・ユリウス・カエサルは、紀元前44年3月15日にポンペイウス劇場において元老院議員らにより暗殺された。

ユリウス・カエサルの暗殺
内乱の1世紀
Man in red and yellow being stabbed by men in white, with a man in green and man in blue joining in. People scattered on the outside of the stabbing are shown shocked
場所 ポンペイウス劇場
座標 北緯41度53分43秒 東経12度28分37秒 / 北緯41.89528度 東経12.47694度 / 41.89528; 12.47694座標: 北緯41度53分43秒 東経12度28分37秒 / 北緯41.89528度 東経12.47694度 / 41.89528; 12.47694
日付 紀元前44年3月15日
標的 ガイウス・ユリウス・カエサル
攻撃手段 暗殺
犯人 60人以上の元老院議員
Ringleaders マルクス・ユニウス・ブルトゥス
ガイウス・カッシウス・ロンギヌス
デキムス・ユニウス・ブルトゥス・アルビヌス
ガイウス・トレボニウス
テンプレートを表示

カエサルへの権力集中により共和政ローマが弱体化していると主張するマルクス・ユニウス・ブルトゥス、ガイウス・カッシウス・ロンギヌス、デキムス・ユニウス・ブルトゥス・アルビヌスが率いる60から70人の元老院議員が関与した。しかし、カエサルの死にもかかわらず、暗殺に関与した者らは共和政の制度を回復させることは出来ず、帝政ローマのプリンキパトゥスにつながった。

暗殺に関与した人物

編集
 
Brutus and the Ghost of Caesar (1802), copperplate engraving by Edward Scriven from a painting by Richard Westall, illustrating Act IV, Scene III, from Shakespeare's Julius Caesar

Most of the conspirators' names are lost to history and only about twenty are known. Nothing is known about some of those whose names have survived.[1] The known members are (leaders are highlighted in bold):

Marcus Tullius Cicero was not a member of the conspiracy and was surprised by it. He later wrote to the conspirator Trebonius that he wished he had been "invited to that superb banquet" and believed that the conspirators should also have killed Mark Antony.[6]

ギャラリー

編集

脚注

編集
  1. ^ Epstein, David F. (1987). “Caesar's Personal Enemies on the Ides of March”. Latomus 46 (3): 566–570. JSTOR 41540686. 
  2. ^ a b c d e f g h i Drumann 1906, pp. 632–640.
  3. ^ a b c d e f g Drumann 1906, pp. 627–632.
  4. ^ Broughton, pg. 315; Holmes III, pg. 343
  5. ^ a b c d Drumann 1906, pp. 640–642.
  6. ^ Ad Att. XIV 12

参考文献

編集

関連文献

編集
  • Sheldon, Rose Mary. Kill Caesar!: Assassination in the Early Roman Empire. Rowman & Littlefield, 2018.

外部リンク

編集

Template:Julius Caesar