本来の表記は「庾文君」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

庾 文君(ゆ ぶんくん、297年 - 328年)は、中国東晋明帝皇后成帝の母。潁川郡鄢陵県の出身。父は左将軍の庾琛。母は妾の荀茂。兄は庾亮庾冰、弟は庾翼

庾皇后
東晋の皇后
在位 323年7月25日 - 325年10月18日

全名 庾文君
別称 明穆皇后
出生 元康7年(297年
死去 咸和3年3月28日
328年4月23日
配偶者 明帝
子女 成帝
康帝
南康公主
父親 庾琛
母親 荀茂
兄弟 庾亮庾冰庾翼
テンプレートを表示

生涯編集

美女で有名だった。皇太子司馬紹(のちの明帝)に嫁ぎ、太子妃となった。大興4年(321年)、司馬衍(のちの成帝)を産んだ。

太寧元年(323年)6月、明帝が即位すると、皇后に立てられた。明帝が崩ずると、文君が皇太后となって垂簾聴政した。

咸和3年(328年)、蘇峻蘇峻の乱を起こし、2月に皇宮が陥落した。文君は乱兵の中で多くの辱めを受け、3月、悲慟のうちに死去した。された。

のちに姪(庾冰の娘)の庾道憐が成帝の子、廃帝司馬奕の皇后になった。

伝記資料編集

  • 晋書』巻32列伝第2 后妃下