メインメニューを開く

ヨハン・ゴットフリート・ピーフケ

ヨハン・ゴットフリート・ピーフケ(Johann Gottfried Piefke, 1815年9月9日 - 1884年1月25日)はドイツ作曲家カペルマイスター

ヨハン・ゴットフリート・ピーフケ
Johann Gottfried Piefke
Johann Gottfried Piefke.jpg
基本情報
生誕 (1815-09-09) 1815年9月9日
死没 (1884-01-25) 1884年1月25日(68歳没)
ジャンル 行進曲
職業 作曲家

目次

生涯編集

 
当時のコンサートを伝える広告

ピーフケは1815年にポズナン大公国(現在のポーランドの一部)のスクビェジナに、オルガン奏者のヨハンとその妻ドロテアの間に生まれた。1835年、ピーフケはフランクフルトの第8擲弾兵連隊にオーボエ奏者として参加。1838年、ベルリン芸術大学へ。タヒェンベルグ公の娘と結婚した。1843年には陸軍に戻った。1852年ベルリン市民は総出で彼を迎えた。そこで彼は自身の作曲家としての才能を伸ばした。それは聴衆そして専門家も認めることになった。

1859年から音楽合唱団の監督であったピーフケは、1865年ヴィルヘルム1世の名により王立音楽監督を6年間務めた。1864年第二次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争に参加し、楽隊を率いて友軍を鼓舞した[1]。1866年には普墺戦争へ、また3年後には普仏戦争に参加した。この戦争のメス攻囲戦中に、病に侵されるが翌年には復帰した。

戦後、クラシックに身を捧げコンサートを開催、またツアーも行った。

ピーフケは1884年1月25日、フランクフルト・アン・デア・オーダーにて、69歳で死去した[2]

主な行進曲編集

関連項目編集

脚注編集