メインメニューを開く
ヨハン・ヘートヴィヒ
"Species Muscorum Frondosorum"の図版

ヨハン・ヘートヴィヒ(Johann Hedwig 、またはJohannes Hedwig 、ラテン名 Joannis Hedwig、1730年12月8日1799年2月18日)は、ドイツ植物学者である。コケ類の研究で知られる。隠花植物の有性生殖の観察を行い、「蘚苔類学の父」と呼ばれることもある。

略歴編集

現在はルーマニアのブラショヴ(クロンシュタット)で生まれ、ライプツィヒ大学で医学を学んだ。その後20年間にわたって、医師として働き、余暇に植物学を研究した。早朝、植物採集を行い、仕事の後の夜に研究を行った。観察用の顕微鏡と、専門書を購入した。

最初の著作で注目され、その結果、1786年にライプツィヒ大学の医学の教授、1789年に植物学教授に任じられた。ライプツィヒ植物園の園長も務めた。

顕微鏡を使った観察技術と描写力に優れ精子囊(antheridia)と造卵器(archegonia)を区別できた。胞子の発芽や糸状体の形成を観察した。蘚苔類の生活史のすべてを解明することはできなかったが、シャジクモ属(Chara)やアオミドロに関する有益な観察を行った。

主著の"Species Muscorum Frondosorum" は没後の1801年に出版された。それまで知られていたコケ類のすべてを解説し、コケ類の命名法の出発点となった著作となった。1788年4月、イギリスの王立協会フェローに選ばれ、1790年にスウェーデン王立科学アカデミーの外国人会員に選ばれた。

ヒジキゴケ科(Hedwigiaceae)ヒジキゴケ属(Hedwigia)の学名はヘートヴィヒに由来している。

著作編集

  • Fundamenta historiae naturalis muscorum ….rondosorum (1882–83, 2 Teile.)
  • Theoria generationis et fructificationis plantarum cryptogamicarum Linnaei (1798)
  • Abbildungen kryptogamischer Gewächse (1787–97, 4 Bände.)
  • Filicum genera et species (1799–1803, Heft 1–4), die beiden letzten Hefte herausgegeben von seinem Sohn Roman Adolf Hedwig (1772–1806)
  • Sammlung meiner zerstreuten Abhandlungen (1793–1797, 2 Bd.)

参考文献編集

  • Duane Isely, One hundred and one botanists (Iowa State University Press, 1994), pp. 101–103
  • Morton, A.G. 1981. History of Botanical Science. Academic Press Inc. (London) Ltd. ISBN 0-12-508382-3
  • "Library and Archive Catalogue". Royal Society. Retrieved 17 November 2010.