ヨース・デ・モンペル

ヨース・デ・モンペル (Joos de Momper the Younger, 1564年1635年)は、フランドル風景画家。ヨース・デ・モンペル2世と表記されることもある。ピーテル・ブリューゲル (父)ピーテル・パウル・ルーベンスを繋ぐ重要な画家であり、ブリューゲルの影響を強く受けている。

ヨース・デ・モンペル
Dyck Anthonis van - Etching of Joost de Momper the Younger, fifth state - circa 1632 to 1641.jpg
『ヨース・デ・モンペルの肖像』アンソニー・ヴァン・ダイク
生誕1564年
アントワープ
死没1635年
アントワープ
影響を受けた
芸術家
ピーテル・ブリューゲル

生涯編集

ヨース・デ・モンペルはアントワープの画家一族に生まれ、風景画家であった祖父にちなんで名づけられた。[1]父親のバルトロメウス・デ・モンペルの元で修業し、1581年にアントワープの聖ルカ組合親方として登録した。[1]息子のフィリッペフランスも画家である。[1]

1580年代にはイタリアに旅をして学んだ。デ・モンペルは主に風景画を手掛け、高い評価を得ていた。彼は見晴らしの良い地点から見たマニエリスム風の色使いを用いた空想上の風景と、もっと自然な色遣いの現実的な風景との両方を描いている。500作品程がデ・モンペルの作品として考えられているが、日付が入っているものはほとんどない。

組合に登録した弟子には風俗画で知られるルイ・ド・コルリー(Louis de Caullery)や息子のフィリッペ・デ・モンペル(Philippe de Momper)がいる[2]

作品編集

参照編集

  1. ^ a b c Joos de Momper in the w:RKD
  2. ^ Joos de Momper at the Netherlands Institute for Art History

外部リンク編集