ヨーゼフ・ゲリネク

ヨーゼフ・ゲリネクJoseph Gelinek 1758年12月3日 - 1825年4月13日)は、チェコ生まれの作曲家ピアニスト。キャリアの大半をウィーンで過ごした。ピアノのための変奏曲を作曲したことによってよく知られている。

Josef Gelinek
ヨーゼフ・ゲリネク
Josef Gelinek after Louis René Letronne.jpg
基本情報
生誕 1758年12月3日
オーストリア帝国の旗 ハプスブルク帝国 ベロウン英語版
死没 (1825-04-13) 1825年4月13日(66歳没)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国 ウィーン
ジャンル クラシック
職業 作曲家ピアニスト

生涯編集

ゲリネクは現在のチェコに位置するベロウン英語版に生まれた。プシーブラム英語版のイエズス会の学校に通い、ヨゼフ・フェルディナンド・ゼゲルの下でオルガン作曲を学ぶ。1786年に司祭に叙任された[1]

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは自作のオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の公演のために訪れたプラハでゲリネクに出会っている。モーツァルトの推薦により、ゲリネクはキンスキー伯爵の宮殿において専任の司祭、鍵盤楽器教師に任用された。約2年後、伯爵家に随行する形でウィーンへと赴き、この地でヨーゼフ・キンスキー公に仕えた。ウィーンには13年留まることになる[2]

ウィーンではヨハン・ゲオルク・アルブレヒツベルガー対位法の指導を受ける。ピアノのヴィルトゥオーゾとして知られ、ピアノ教師としてウィーンで引っ張りだこの状態であった。モーツァルトもゲリネクのピアノでの即興演奏の腕前を評価していた[1][2]

ある晩餐会の場でルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンと初めて顔を合わせたゲリネクは、その会場でベートーヴェンとピアノの腕比べをしてはどうかと持ちかけられる。ゲリネクは後に次のように述懐している。「私は人があんな演奏をするのを聴いたことがなかった。彼は私が与えた主題を基に即興を行ったが、モーツァルトの即興によってすら聞いたことのないようなものだった(中略)彼は困難を乗り越え、我々が夢に見ることすら叶わなかったような効果をピアノから引き出すことができるのである[3]。」

ゲリネクは主にピアノのために大量の作品を作曲し、とりわけピアノのための変奏曲によって知られる。人気の絶頂にあったのは1800年から1810年頃のことである[1]

出典編集

  1. ^ a b c Gelinek, Josef Neue Deutsche Biographie
  2. ^ a b Gelinek, Josef Allgemeine Deutsche Biographie, in German Wikisource
  3. ^ カール・チェルニーの自叙伝よりH.C.ロビンス・ランドンが引用。Beethoven: A Documentary Study., p.69, Thames and Hudson, 1974.

外部リンク編集