メインメニューを開く

ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世

ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世ドイツ語: Joseph Hellmesberger, Jr., 1855年4月9日 - 1907年4月26日)は、オーストリア出身のヴァイオリニスト作曲家指揮者ジョルジュ・エネスコフリッツ・クライスラーらを指導したことでも知られる。

ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世
Joseph Hellmesberger, Jr.
Josef Hellmesberger jun. 1887 Ignaz Eigner.png
ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世(1887年頃)
基本情報
別名 優しいパパ[1]
生誕 1855年4月9日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ウィーン
出身地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
ウィーン
死没 (1907-04-26) 1907年4月26日(52歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
ウィーン
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
作曲家
指揮者
担当楽器 ヴァイオリン

生涯編集

ヨーゼフ・ヘルメスベルガー1世に音楽を学ぶ。11歳であった1867年2月15日には、ウィーン男声合唱協会ドイツ語版のリーダーターフェルに出演し、ワルツ『美しく青きドナウ』初演の合唱に加わった[2]。父は兵役免除を皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に嘆願したが、皇太子ルドルフでさえ兵役についたという理由で却下され、1875年から3年間にわたり「ドイツ騎士団」の軍楽隊で打楽器奏者を務めた[2]

1875年ヘルメスベルガー弦楽四重奏団団員、1878年ウィーン音楽院作曲教授[2]、1884年ウィーン宮廷歌劇場バレエ音楽監督[2]、1890年ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターを経て、1901年より2年間、グスタフ・マーラーの後任としてウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めた。マーラーの後任はフェリックス・モットルと思われていたが、音楽評論家エドゥアルト・ハンスリックワーグナー信奉者が宮廷歌劇場に来ることに猛反対したこともあって、ヘルメスベルガーにお鉢が回ってきたのである[3]。ただし、ヘルメスベルガーは地味な指揮者と目されていたため、チケットの売上は激減した[1]

1907年の女性スキャンダルにより、順風満帆だった人生は完全に崩れた[2]

作風編集

ヘルメスベルガーの手になる管弦楽作品にはワーグナーリストの影響が如実に表れており、世紀末ウィーンの官能的な音の世界に覆われているのが伺える充実した音楽内容を誇っている。

ヘルメスベルガーの小品は、ウィーンの音楽家を世界に紹介することを目的として1997年にレパートリーが拡大されたニューイヤーコンサートにおいて、初めて演奏されている。その後、同コンサートにはしばしば彼の作品が取り上げられている。なお、舞曲の作曲家であるカレル・コムザーク2世などとの親交があった[2]

作品編集

 
ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世

管弦楽曲編集

  • 悪魔の踊り
  • 妖精の踊り
  • 全世界のために(ワルツ)
  • ゆったりとしたワルツ
  • スペイン風ワルツ
  • ガヴォット
  • ウィーンの小唄のカドリーユ
  • バレエ音楽『イベリアの真珠』より『ジプシーの踊り』

ギャロップ編集

  • 小さな広告家 op.4

ポルカ編集

  • 大好きな人 op.1
  • ウィーン式に
  • 軽い足取り

ポルカ・マズルカ編集

  • 二人きりで op.15

バレエ編集

  • イベリアの真珠(Die Perlen von Iberien)
  • 姿を変えた猫

喜歌劇編集

  • すみれ娘(Das Veilchenmädel)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 岡田(2012) p.108
  2. ^ a b c d e f 若宮 2013, p. 170.
  3. ^ 岡田(2012) p.107

参考文献編集

  • 岡田暁生『楽都ウィーンの光と陰:比類なきオーケストラのたどった道』小学館、2012年2月5日。ISBN 978-4-09-388237-8
  • 若宮由美博覧会的なピアノ曲集としての“Aus der Musikstadt”(1892)」『埼玉学園大学紀要(人間学部篇)』第13号、2013年12月、 167-179頁。

関連項目編集

外部リンク編集