ライチュール・ドアーブ

ライチュール地方から転送)

ライチュール・ドアーブ英語:Raichur Doab)は、南インドカルナータカ州の現ライチュール県からアーンドラ・プラデーシュ州トゥンガバドラー川からクリシュナ川へと至る地域のことを指す。ライチュール地方とも呼ばれ、地名は中心都市ライチュールの名からきている。

ライチュール地方は古より土地が肥沃で重要な地域であった。そのため、この地の領有をめぐり多くの王朝が争った。

特に14世紀以降、ヴィジャヤナガル王国バフマニー朝が長くその領有を争い、その後はビジャープル王国がこの争いを引き継いだ。

1520年には、ライチュールとライチュール地方をめぐり、ヴィジャヤナガル王国とビジャープル王国の一大決戦が行われた(ライチュールの戦い)。

関連項目編集