メインメニューを開く

ザ・ライト・トゥ・センサーThe Right to Censor、通称RTC)は、かつてアメリカプロレス団体WWF(現・WWE)で存在したプロレスラーのユニット名称。

目次

メンバー編集

来歴編集

2000年7月にスティーブン・リチャーズが団体内の低俗な表現の検閲を宣言し、ボディーガード役でもある刑務官ギミックブル・ブキャナンと共に結成。やがてAV男優ギミックのバル・ビーナスポン引きギミックのザ・ゴッドファーザーを「更生」と銘打って加入させ、ゴッドファーザーはグッドファーザーへと改名。さらに女性検閲官としてアイボリーが加わり、5人組のユニットとなる。

ヒールのユニットとして2001年4月まで活動したが、これはWWFの放送内容を非難し続けている圧力団体PTC(en:Parent Television Council)への当てつけでもあった。健全さを象徴する白のYシャツ、ネクタイ、スラックスをユニフォームとしていた。

得意技編集

獲得タイトル編集

外部リンク編集