ラウラ・マンチーニ

ラウラ・マンチーニ(Laura Mancini, 別名Victoire, 1636年 - 1657年2月8日)はヴァンドーム公ルイ2世の妻。フランス語名ではロール(Laure)と呼ばれた。ミケーレ・マンチーニとジェローラマ・マザリーニの長女でマザリネットのうちマンチーニ5人姉妹の長女であり、ジュール・マザラン枢機卿の姪であり、プリンツ・オイゲンの叔母にあたる。

ラウラ・マンチーニ
Laura Mancini
Laura Mancini 01.jpg

称号 ヴァンドーム公妃
出生 1636年
死去 1657年2月8日
配偶者 ヴァンドーム公ルイ2世
子女 ルイ・ジョゼフ
フィリップ
ジュール・セザール
父親 ミケーレ・マンチーニ
母親 ジェローラマ・マザリーニ
テンプレートを表示

1651年アンリ4世の孫に当たるヴァンドーム公ルイ2世と結婚。マンチーニ姉妹らの父親の死後、マザラン枢機卿は美しいマンチーニ姉妹を政略結婚に利用し、自分の地位を上げようと企んだ。フランスに引き取られたラウラたちは「美しいマンチーニ姉妹」とフランス宮廷でもてはやされた。

ラウラの姉妹たち編集

子女編集

  • ルイ・ジョゼフ(1654年 - 1712年) - ヴァンドーム公
  • フィリップ(1655年 - 1727年) - ヴァンドーム公
  • ジュール・セザール(1657年 - 1660年)

セザールの出産時にラウラは死亡した。夫のヴァンドーム公爵は再婚せず、教会に入り枢機卿となった。彼女の残された2人の息子は、叔母マリア・アンナによって養育された。