ラッピ、もしくはラッピ州 (ラッピしゅう、フィンランド語: Lappiスウェーデン語: Lappland)は、フィンランド伝統州。スウェーデン名からラップランド、ラテン名のLaponiaから、ラポニアとも呼ばれる。現在のフィンランドの最北の地域であり、ラップランドに属する。南で伝統州のポフヤンマーと接している。西にはスウェーデンノールボッテン県、北でノルウェートロムス県フィンマルク県、東でロシア連邦ムルマンスク州と接している。現在のフィンランドでは、ラッピの全域は、ポフヤンマー最北部も県域とするラッピ県の県域に含まれている。

ラッピ
Lappi
Lappland
Lapin maakunnan vaakuna.svg

州章
Historical province of Laponia in Finland.png
ラッピの位置
(最上部の茶色の地域)

行政編集

ラッピの地域は、スウェーデン支配下のフィンランドにおいては、スウェーデンラップランド地方の一部を構成していたが、1809年に他のフィンランドの地域と同様に、ロシア帝国へと割譲された。その後、フィンランド大公国が建国され、ラッピはフィンランド大公国領となった。州としては、オウル州に所属していた。その後、1938年にラッピを含むオウル州北部がラッピ州として分離する。その後、長らくラッピ州がラッピの地域を管轄していたが、2010年1月1日にフィンランド全州が廃止され[1]、現在はラッピ県がラッピの地域を管轄している。

また、ラッピの地域はサーミ人居住地域であり、現在のフィンランド・ラッピ県では、サーミ人組織がラッピ県の行政組織と並行して存在している。

脚注編集

  1. ^ New regional administration model abolishes provinces in 2010”. HELSINGIN SANOMAT. 2011年8月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月15日閲覧。

関連項目編集