ラトビア銀行(ラトビアぎんこう、ラトビア語Latvijas Banka)はラトビア中央銀行。国内でも重要な公的機関のひとつであり、法令で定められた経済における役割を果たしている。ラトビア銀行の基本目的は、金融政策を実施して通貨を管理し、ラトビアの物価安定を維持することである。また通貨ラッツの硬貨・紙幣を発行していたが、ラトビアがEUの単一通貨ユーロに参加したことで、ラッツは2013年12月31日限りで貨幣としての役割を終えている。

ラトビア銀行
Latvijas Banka (ラトビア語)
ダウガフピルスにある支店
ダウガフピルスにある支店
本店リガ
設立1922年9月7日
総裁イルマールス・リムシェーヴィチス
 ラトビア
通貨ラッツ
LVL (ISO 4217)
前身国立貯蓄信用銀行
ウェブサイトwww.bank.lv

ラトビア銀行の本店はリガにおかれている。会計年度は1月1日を期首、12月31日を期末としている。

関連項目編集

外部リンク編集