ラブ・イン・トーキョー

ラブ・イン・トーキョー』(Love in Tokyo) は、1966年制作ヒンディー語映画で、興行的に成功したヒット作となった[1]

ラブ・イン・トーキョー
Love in Tokyo
監督 プラモド・チャクラヴォルティ
脚本 サチン・ボウミック(原作、脚本)
アガジャニ・カシュメリ英語版(脚本)
製作 プラモド・チャクラヴォルティ
出演者 ジョイ・ムケルジー英語版
アシャ・パレク英語版
メームード英語版
プラン英語版
音楽 シャンカール・ジョイキシャン英語版
ハスラット・ジャイプり英語版(作詞)
撮影 V・K・マーティ英語版
編集 ダラマヴィル (Dharamvir)
公開 1966年
製作国 インドの旗 インド
言語 ヒンディー語
テンプレートを表示

制作編集

サチン・ボウミックが原作、脚本、制作を担当し、プラモド・チャクラヴォルティ英語版が監督した作品である。おもな出演者には、ジョイ・ムケルジー英語版アシャ・パレク英語版プラン英語版メームード英語版メームード英語版ロリータ・パワル英語版アシット・セン英語版マダン・プリ英語版らがいた。音楽はシャンカール・ジョイキシャン英語版が担当し、ハスラット・ジャイプり英語版が歌詞を提供した。ジョイ・ムケルジーは、ヒットとなった映画『Love in Simla』にも出演していた[2]。『ラブ・イン・トーキョー』の成功は、その後の。やはりジョイ・ムケルジー主演による『Love in Bombay』に繋がった[3]。以上3本の映画は、ムケルジーの「ラブ・イン」三部作とされる[4]。この作品は、おもに日本東京で撮影され、その他にも各地でロケーション撮影がなされた[5]

キャスト編集

サウンドトラック編集

# 曲名 歌手
1 "Sayonara Sayonara" ラタ・マンゲシュカル
2 "Mujhe Tum Mil Gaye Humdum" ラタ・マンゲシュカル
3 "O Mere Shahe-Khuban" ラタ・マンゲシュカル
4 "Love In Tokyo (Le Gayi Dil Gudiya Japan Ki)" モハメド・ラフィ
5 "O Mere Shahe-Khuban" モハメド・ラフィ
6 "Koi Matwala Aaya Mere Dware" ラタ・マンゲシュカル
7 "Aa Ja Re Aa Zara Aa" モハメド・ラフィ
8 "Mai Tere Pyar Ka Bimar Hu Kya Arz Karu" マンナ・デイ英語版

撮影編集

この映画は、おもに日本で撮影され、東京の各地、上野銀座東京タワー羽田空港や、広島でもロケーション撮影が行われた。

ノミネーション編集

Filmfare』誌は、喜劇的役割の最優秀演技賞の候補にメームードを挙げた[6]

髪留めとしての「ラブ・イン・トーキョー」編集

この映画の中で、アシャ・パレクポニーテールは、二つのビーズとゴムバンドでできているバレッタを使っていた。インドでは、このタイプの髪留めを「Love in Tokyo」と称している[7]

脚注編集

  1. ^ Worth Their Weight In Gold!”. Box Office India (2011年11月1日). 2017年12月18日閲覧。)
  2. ^ en:Love in Simla
  3. ^ en:Love in Bombay
  4. ^ Joy Mukherjee's Love in Bombay set for release after 40 years”. NDTV Convergence Limited (2013年7月23日). 2017年12月18日閲覧。
  5. ^ 50 YEARS OF LOVE IN TOKYO : 1966-2016 PHOTO STORY”. Think Up Themes Ltd.. 2017年12月18日閲覧。
  6. ^ 1st Filmfare Awards 1953
  7. ^ Roy, Arundhati (2010年7月7日). “Reading reflections in the Bookinglass, God of Small Things”. 2017年12月19日閲覧。

外部リンク編集