ラプンツェル あたらしい冒険

ラプンツェル あたらしい冒険』(原題: Tangled: Before Ever After)は、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーのミュージカルアニメ映画。『ラプンツェル ザ・シリーズ』の序章となる作品であり、2010年公開のウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ制作映画『塔の上のラプンツェル』の後日譚、『ラプンツェルのウェディング』の前日譚である。楽曲制作をしたアラン・メンケンの他、ラプンツェルとユージーン・フィッツハーバートの声優など、『塔の上のラプンツェル』のスタッフが多く続投している[1]ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーのアニメ映画は5つ目であり、フィニアスとファーブ/ザ・ムービー以来6年ぶりである。

ラプンツェル あたらしい冒険
Tangled: Before Ever After
監督 トム・カーフィールド
ステファン・サンドヴァル
出演者 マンディ・ムーア
ザッカリー・リーヴァイ
エデン・エスピノーザ
音楽 アラン・メンケン
グレン・スレイター
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年3月10日
日本の旗 2017年5月14日
上映時間 54分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ラプンツェルのウェディング
次作 ラプンツェル ザ・シリーズ
テンプレートを表示

あらすじ編集

塔の上のラプンツェルの出来事から6ヶ月後、本当の親に巡り合ったラプンツェルのコロナ王国でのプリンセスの生活が始まっていた。しかし、今までのように自由に出かけたり人々とふれあえないこともあり、不満も感じていた。そんな中、ユージーンがラプンツェルに結婚のプロポーズをし、動揺したラプンツェルは彼女のお付きのもので警護隊長の娘であるカサンドラと城を密かに抜け出す。

カサンドラに連れられラプンツェルが向かった先は、王妃の命を救いラプンツェルの髪の魔法のもととなっていた「太陽の滴」の魔法の花があった場所だった。そこにはナイフを使っても壊すことのできない謎の岩が突き出しており、ラプンツェルがその岩に触った途端に金色の髪が戻ってしまう。戴冠式を目前に控えていたラプンツェルはこの金色の髪を隠そうとするが、彼女の前にレディ・ケインという新たな敵が現れ、ラプンツェルは判断を迫られる。

声の出演編集

※括弧内は日本語吹き替え

脚注編集

外部リンク編集