ラムバー (アスラ)

ラムバー (Rambha) とは、インド神話に登場するアスラ神族の名である。

ラムバーはダーナヴァ族なのでダヌの子、マヒシャースラの父にあたる。ラムバーは水牛から生まれ落ちたとされる。ある説話ではラムバーはインドラに倒されたという。ラムバーは死後転生してラクタヴィージャとして生まれ変わり、ドゥルガーに打ち取られた子マヒシャースラの無念を晴らすべくシュンバ・ニシュンバ兄弟王とともにドゥルガーを攻撃するが、ドゥルガーは強力な恐怖の女神カーリーへと変化を遂げ、戦友であるシュンバ・ニシュンバ兄弟王は抹殺された。子の無念を晴らすことができないままラクタヴィージャ本人も共に討死した。

参考文献編集

  • Ralph T.H. Griffith著, Hymns of the Rigveda (1888).
  • David Kinsley著、Hindu Goddesses: Vision of the Divine Feminine in the Hindu Religious Traditions、Motilal Banarsidass Publ社、1998.

関連項目編集