メインメニューを開く

ラモト(Ramot,ヘブライ語:רָמֹת גִּלְעָד)は旧約聖書に登場する町の名前である。他のラモトを区別するために、ラモト・ギルアデ(Ramoth-Gilead)と言われる。 今日の、テル・ラーミートとされている。 他には、イッサカル族のラモト(ヤルムテ)、ネゲブのラモト(ラマ)がある。

新改訳聖書では「ラモテ」または「ラモテ・ギルアデ」と表記され、口語訳聖書では、「ラモテ・ギレアデ」と表記される。

モーセが制定した逃れの町の一つで、ガド族ギルアデにあったため、ラモト・ギルアデと言われる。後に、レビ人の居住の町に指定された。

ソロモンが守護としてゲベルの子を配置した。

預言者ミカヤの預言の通りにアハブが死んだ町であり[1]エフーエリシャによって油を注がれた町である。[2]

脚注編集

  1. ^ 第一列王記22章、第二歴代誌18章
  2. ^ 第二列王記9章

参考文献編集