メインメニューを開く

ランカグア(Rancagua)は、チリの都市。人口214,344人(2002年)チリ中部に位置し、リベルタドール・ベルナルド・オイギンス州(オイギンス州)の州都である。首都サンティアゴからは87km南に位置する。ランカグアの経済は鉱業、製材、観光、農業、食品工業、および地域の中心としての商業からなっている。

Rancagua
チリの旗
市及び自治体
La Rancagua.jpg
Rancagua の紋章
紋章
Map of Rancagua commune in O'Higgins Region
オイギンス州内のランカグアの位置
Location in Chile
Location in Chile
Rancagua
チリの旗
Location in Chile
南緯34度10分 西経70度45分 / 南緯34.167度 西経70.750度 / -34.167; -70.750座標: 南緯34度10分 西経70度45分 / 南緯34.167度 西経70.750度 / -34.167; -70.750
Cachapoal地区
Foundation October 5, 1743
行政
 • 種別 地方自治体
 • Alcalde Eduardo Soto
面積
 • 合計 260.3km2
人口
(2002 Census)[1]
 • 合計 214,344人
 • 市街地
206,971人
 • 農村域
7,373人
性別
 • 男 104,879
 • 女 109,465
等時帯 UTC−4 (CLT)
 • 夏時間 UTC−3 (CLST)
市外局番 56 (country) + 72 (city)
ウェブサイト Municipality of Rancagua

2002年の国勢調査では、ランカグアの面積は260.3 km2、人口は214,344人(男性104,879人、女性109,465人)。206,971人(96.6%)は市街地に住み、7,373人(3.4%)が農村に住んでいる。1992年国勢調査から2002年国勢調査の間に、人口は14.4%(27,020人)増加した[1]

ランカグアは首都サンティアゴとはパン・アメリカン・ハイウェイ(チリ国道5号)によって結ばれているほか、メトロトレンという近郊電車によってサンティアゴ地下鉄と結ばれている。ランカグアには、オイギンス州で最初に設立された私立大学であるランカグア大学がある。また、ランカグアの東郊40kmのアンデス山脈の麓にあるエル・テニエンテには「世界最大の地下銅山」として知られるエル・テニエンテ銅山がある。エル・テニエンテ銅山はチリの国営銅山企業であるコデルコが所有し採掘をおこなっている。

歴史編集

ランカグアはチリ中部にいくつかの都市を建設したJosé Antonio Manso de Velascoによって建設された。市の旧名はVilla Santa Cruz de Trianaであった。ランカグアは、チリ独立戦争において1814年に起こったランカグアの戦いによってチリ史に名をとどめている。この戦いではベルナルド・オイギンス率いるチリ独立軍とオソリオ率いるスペイン軍が激突し、チリ軍が敗北してチリは一時スペイン軍に再征服されることとなった。2010年チリ地震において被害を受け、キューバが27人の医師と9人のスタッフを派遣した[2]

近年、ランカグアはオイギンス州の文化の中心として、また周りに広がるブドウ畑を求めてやってくる観光客の基点として来訪者が増えている。

スポーツ編集

この町にあるBraden Copperスタジアムは、1962 FIFAワールドカップにおいて4つの会場のうちのひとつとなった。サッカークラブのCDオヒギンスは国内有数の強豪チームである。また、ランカグアではロデオの国内最高の戦いであるナショナル・チャンピオンシップが毎年おこなわれている。

姉妹都市編集

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ a b c d National Statistics Institute”. 2010年11月29日閲覧。
  2. ^ Morning Star, "", 8 March 2010 (accessed 9 March 2010)

外部リンク編集