ランゴバルド・ゲピド戦争 (567年)

ランゴバルド・ゲピド戦争では、567年アルボイン率いるランゴバルド族アヴァールの連合軍が、クニムンドドイツ語版率いるゲピド族を滅ぼした戦争について述べる。

ランゴバルド・ゲピド戦争
Gepid kingdom 6th century.png
ゲピド王国の勢力範囲 (539年–551年)
場所ゲピド王国
結果 ランゴバルド・アヴァール連合軍の勝利
領土の
変化
アヴァールと東ローマ帝国が旧ゲピド領を分割
衝突した勢力
ランゴバルド族
アヴァール
ゲピド族
東ローマ帝国
指揮官
アルボイン クニムンド  
ウスディバド
バドゥアリウス
被害者数
不明 甚大

戦争の経緯編集

566年、ランゴバルド王アルボインパンノニアアヴァールと協定を結び、彼らがゲピド族を破ったならその土地を奪ってよいと認めた[1]。567年、ゲピド族はアヴァールとランゴバルド族の連合軍に壊滅させられた[1][2]。ゲピド王クニムンドドイツ語版は、アルボイン自身の手で殺された[1]

戦後編集

その後、アヴァールはゲピド族の地(ゲピディア)を占拠し、アヴァール・カガン国を形成した[1]。東ローマ帝国も介入してシルミウム (現セルビアスレムスカ・ミトロヴィツァ)を確保し、ゲピド族の指導者の一人ウスディバド英語版を保護したが、それ以外の土地はすべてアヴァールの支配下に入った[2]

ゲピド族の軍事力は大幅に減退した[1]。H・シュッツ (2001) によれば、ゲピド族の多くはランゴバルド族の軍勢に加わったが、東ローマ帝国の傘下に入った者もいた[1]。一方R・コリンズ (2010) は、ゲピド族の生き残りはアヴァールかランゴバルド族のどちらかに吸収されたとしている[2]。後のランゴバルドの文献ではランゴバルド族が中心的な役割を果たしたとされているが、戦争と同時代の東ローマ帝国の文献からみるに、アヴァールが主要な役割を担ったのは明らかである[2]。ゲピド族は歴史上から姿を消し、代わってその土地を手に入れたアヴァールは東ローマ帝国に対する脅威となった [1]。ランゴバルド族もアヴァールと隣接するのを好まず、イタリアへ移動してランゴバルド王国を形成した[1]

ランゴバルドのベネディクト会士パウルス・ディアコヌス (720年代–799年)が書いた『ランゴバルドの歴史英語版』によれば、アルボインはクニムンドの髑髏杯を作って腰帯に携帯し、さらに人質に取っていたクニムンドの娘ロサムンド英語版を妻として、彼女に父の髑髏杯で酒を飲むよう強要したという[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h Schutz 2001, p. 81.
  2. ^ a b c d Collins 2010, p. 201.
  3. ^ Foulke 1907.

参考文献編集

  • Collins, Roger (2010). Early Medieval Europe, 300-1000. Palgrave Macmillan. pp. 201–. ISBN 978-1-137-01428-3. https://books.google.com/books?id=ZukcBQAAQBAJ&pg=PA201 
  • Foulke, William Dudley (1907). History of the Lombards [Historia gentis Langobardorum]. Philadelphia 
  • Schutz, Herbert (2001). Tools, Weapons and Ornaments: Germanic Material Culture in Pre-Carolingian Central Europe, 400-750. BRILL. pp. 81–. ISBN 90-04-12298-2. https://books.google.com/books?id=r-DLX9PPEFoC&pg=PA81 

関連項目編集