ランツェリンまたはカンツェリンランドルト ドイツ語: Lanzelin, Kanzelin, Landolt[1], 991年没)は、アルテンベルク伯。グントラム金満公の息子で、ハビヒツブルク城ムーリ修道院を建てハプスブルク家の祖といわれるラートボトの父である。

ランツェリン
Lanzelin
アルテンベルク伯

死去 991年
配偶者 ルイトガルト・フォン・トゥールガウ
子女 ヴェルナー1世
ラートボト
ルドルフ1世
ランドルド2世
家名 エティション家 / ハプスブルク家
父親 グントラム金満公
テンプレートを表示

概要編集

妻はトゥールガウ伯エーベルハルト3世の娘(960年生)で、その名はルイトガルト、リウトガルト、リュートガルトなど資料によって異なる[2]

ランツェリンはアルテンベルク伯を自称した。その由来はアルテンベルク城であるとされているが、この所在は現在のアールガウ州・ブルック付近のアルテンベルク(後に息子ラートボトが建てたハビヒツブルク城から遠くない)と、クレットガウのアルテンベルクの2説ある。後者の説の理由としては、ランツェリンがクレットガウ伯・トゥールガウ伯でもあったことが挙げられる。彼は現在のアールガウを強引に征服した。

子孫編集

ランツェリンには4人の息子がいた。

脚注編集

  1. ^ nach dem historischen Lexikon der Schweiz
  2. ^ Hans Kläui: Genealogisches Handbuch der Schweizer Geschichte, Band IV, Seite 183.
  3. ^ Philipp Jaffé: Bibliotheca Band 1, S. 547.
  4. ^ nach der Stammtafel bei: Eduard Heyck, Geschichte der Herzöge von Zähringen, 1881, S. 566