ランベス会議(ランベスかいぎ、英語:Lambeth Conference)は10年ごとに、全世界のアングリカン・コミュニオンに所属する聖公会主教カンタベリー大主教に招かれて行う会議。一堂に集まって、お互いに学びあうのが目的で、たとえ決議が採択されても、不賛成者に拘束力はない。

最近のランベス会議はカンタベリー大聖堂近くのケント大学カンタベリー・キャンパスで行われる。

概要編集

ランベス会議は10年ごとに、全世界のアングリカン・コミュニオンに所属する聖公会主教カンタベリー大主教に招かれて行う会議で、様々な意見を交換し、お互いに理解を深め、学びあうのが目的である。

1867年に第一回が開催され、その後何回かはロンドンにある、カンタベリー大主教の公邸・ランベス宮殿Lambeth Palace)で開かれたのでそう呼ばれているが、その後は出席者が多くなったのでケント大学カンタベリー・キャンパスで行われている。

第1回(1867年)編集

ロングリー(Charles Thomas Longley)・カンタベリー大主教のもとで行われ、主教76名が出席した。

...編集

第10回(1968年)編集

マイケル・ラムゼイ(Michael Ramsey)大主教が招いて行われ、462名の主教が出席した。ランベス宮殿以外の場所で初めて開催された。

第11回(1978年)編集

ドナルド・コガン(Donald Coggan)大主教が招いて行われ、440名の主教が出席した。初めてケント大学を会場として開催された。

第12回(1988年)編集

ロバート・ランシー(Robert Runcie)大主教が招いて行われ、518名の主教が出席した。

第13回(1998年)編集

7月18日から8月9日まで、ジョージ・ケアリー(George Carey)大主教が招いて行われ、出席した794名の主教のうち、初めて女性主教11名が参加した。

第14回(2008年)編集

7月15日から8月3日まで、ローワン・ウィリアムズ(Rowan Williams)大主教が招いて、全現職主教880名の約4分の3に当たる660人が参加して行われた。直前、性の問題に関するアメリカ聖公会などの動きに反対する「保守強硬派」300人がエルサレムでガフコンGAFCON(Global Anglican Future Conference)を開いたが、その半数もランベス会議には参加した。[1] ナイジェリアウガンダの主教は参加しなかった。日本聖公会からも参加している。

今回は「ランベス・レポート」は発表されなかった。その代わりに、各分科会「インダバ」(アフリカのズールー語で、何か問題があれば長老に招かれて住民が相談する会議のこと)の記録をまとめた「リフレクション」(40ページ)が発表されている。この会議のあと、「ミレニアム開発目標を守れ」と、主教たちがロンドンで街頭デモも行ない、ランベス宮殿でゴードン・ブラウン首相に要望書を手渡したりして、注目を集めた。

第15回 (2020年)編集

第15回ランベス会議は2016年1月の管区長会議の結果、2018年でなく、2020年に開催すると決定したと発表されている。 [2]

参考編集

  1. ^ ローレンス三鍋裕主教(もと総主事)の「ランベス会議2008」(日本聖公会横浜教区報、2008年11月号)
  2. ^ "Church Times":2016年1月22日

関連項目編集

外部リンク編集