ラ・グランジェ」(La Grange)は、ZZトップ1973年に発表した楽曲。グループの代表作の一つ。

ラ・グランジェ
ZZトップシングル
初出アルバム『トレス・オンブレス
B面 ジャスト・ガット・ペイド
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 テネシー州メンフィス、ブライアン・スタジオ、アーデント・スタジオ
ジャンル ロック
時間
レーベル ロンドン・レコード
作詞・作曲 ビリー・ギボンズ、ダスティ・ヒル、フランク・ベアード
プロデュース ビル・ハム
チャート最高順位
ミュージックビデオ
「La Grange」 - YouTube
テンプレートを表示

概要編集

テキサス州ファイエット郡の町「ラ・グランジェ(La Grange)」のダウンタウンに1905年から1973年まで続いた「Chicken Ranch」という娼家があった。この娼家を題材にして、メンバー3人によって書かれた楽曲である[2]。なお「Chicken Ranch」は1978年にブロードウェイで上演された『The Best Little Whorehouse in Texas』の舞台の元となった。そして1982年にはバート・レイノルズドリー・パートンの主演により映画化された(邦題は『テキサス1の赤いバラ』)。

曲とリズムはジョン・リー・フッカーの「Boogie Chillen'」とスリム・ハーポの「Shake Your Hips」を下敷きにしている。「a-how-how-how-how」とうなる部分はフッカーの「Boom Boom」からの引用である。

1973年7月発売の3枚目のアルバム『トレス・オンブレス』に収録され、翌1974年4月にシングルカットされた。シングルのB面は2枚目のアルバム『リオ・グランデ・マッド』収録の「ジャスト・ガット・ペイド」が使われた。

ビルボード・Hot 100の41位を記録。カナダでは34位、フランスでは58位を記録した。

脚注編集