ラールソートの戦い

ラールソートの戦い(ラールソートのたたかい、英語:Battle of Lalsot)は、1787年7月28日インドラールソートにおいて、マラーターシンディア家ラージプートの間で行われた戦闘

ラールソートの戦い
Battle of Lalsot
1787年7月28日
場所ラールソート
結果 ラージプート側の勝利
領土の
変化
変遷なし
衝突した勢力
Flag of the Maratha Empire.svg シンディア家

Flag of Jaipur.svg アンベール王国

Flag of Jodhpur alternate.svg マールワール王国
指揮官
Flag of the Maratha Empire.svg マハーダージー・シンディア
Flag of the Maratha Empire.svg ブノワ・ド・ボアーニュ
Flag of the Maratha Empire.svg ラーネー・ハーン
Flag of Jaipur.svg プラタープ・シング
Flag of Jodhpur alternate.svg ヴィジャイ・シング
Flag of Jaipur.svg ムハンマド・ベグ・ハマダーニー  
Flag of Jodhpur alternate.svg ビーム・シング戦傷
戦力
80,000人[1] 30,000人(アンベール軍)
20,000人 (マールワール軍)[2]
被害者数
甚大 甚大

戦闘に至るまで編集

1784年マラーターの諸侯マハーダージー・シンディアムガル帝国摂政と軍総司令官となり[3]、その後は北インド覇権を確立するため、ラージャスターンに進撃した。

そのため、アンベールプラタープ・シングマールワールヴィジャイ・シングは同盟し、共同でこれに対処することにした。

戦闘とその後編集

1787年7月28日、マラーター軍とラージプートの連合軍はラールソートで激突した。 マラーター軍は8万、迎え撃つラージプート軍は5万だった[4]

戦いは朝9時に始まり、日没後およそ一時間まで続いた。その戦いは激戦であり、かつての第三次パーニーパットの戦いのようであったという[5]

この戦いはマハーダージーの敗北に終わり、甚大な損害を被った。だが、ラージプートの側も甚大で、マールワール側の武将ビーム・シングは負傷、アンベールの武将ムハンマド・ベグ・ハマダーニーが戦死している[6]

8月8日、マハーダージーはラールソートから撤退し、ディーグへと向かった[5]。だが、この敗戦が彼に与えた影響は大きかった[3]。敗戦の結果、帝国の宮廷のムスリムらが結集してその追い落としにかかり、これによりマハーダージーは一時的に失脚した[3]

脚注編集

  1. ^ A History of Jaipur: C. 1503-1938 by Jadunath Sarkar
  2. ^ A History of Jaipur: C. 1503-1938 by Jadunath Sarkar
  3. ^ a b c ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.261
  4. ^ A History of Jaipur: C. 1503-1938 by Jadunath Sarkar
  5. ^ a b The Great Maratha Mahadaji Scindia - N. G. Rathod - Google ブックス
  6. ^ A History of Jaipur: C. 1503-1938 by Jadunath Sarkar

参考文献編集

  • フランシス・ロビンソン 著、月森左知 訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』創元社、2009年。 

関連項目編集